北端祥人 ピアノリサイタル

大東楽器でのレッスン、ピアノコンクール『ピアノフェスティバル』ご出身の北端祥人さんが
2016年仙台国際音楽コンクールピアノ部門にて第3位入賞された記念コンサート。

日程 2018年3月8日(木)
時間 開場18:00~/開演18:30~
会場 アルカスホール(寝屋川市立地域交流センター)
チケット 一般(大学生以上)2,800円
デュオクラブ2,500円
学生(4歳~高校生)2,000円
※3歳以下のお子様のご入場はご遠慮いただいております
お問い合せ ミューズデュオ
TEL:072-841-5000
E-mail:duo@daito-gakki.co.jp
event_20180308

北端祥人 プロフィール

大阪府守口市出身。幼少期より大東楽器京橋センター(現ユニスタイル京橋)へ通う。2006年、第5回宝塚ベガ学生ピアノコンクール高校生部門第2位。2009年、第21回大曲新人音楽祭コンクール優秀賞受賞。第21回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第2位。2010年、日本ショパンピアノコンクール2010第3位。秋山和慶指揮、洗足学園音楽大学オーケストラと共演し、その模様は日本テレビ系列のニュース番組「NEWS ZERO」にて特集として放送された。2011年、京都市立芸術大学を首席で卒業、音楽学部賞を受賞。卒業演奏会、関西新人演奏会に出演。同年、ザルツブルク・モーツァルテウム夏季国際音楽アカデミーに参加し、故・カール=ハインツ・ケマーリンク氏に師事、ディプロマを取得。2013年、京都市立芸術大学大学院修士課程音楽研究科を首席で修了、大学院市長賞を受賞。その後渡独し、ハノーファー音楽演劇メディア大学を経て、ベルリン芸術大学大学院修士課程ソリスト科を修了。現在は室内楽科に在籍し、引き続きマルクス・グロー教授の下で研鑽を積んでいる。2015年、第7回神戸芸術センター記念ピアノコンクールにて金賞を受賞。2016年、第6回仙台国際音楽コンクール第3位をはじめ数多くの賞を受賞している。2017年5月、仙台フィルハーモニー管弦楽団第309回定期演奏会にソリストとして出演、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番を演奏し好評を博す。これまでに佐々木弘美、大川恵未、椋木裕子、上野真の各氏に師事。秋篠ユングムジカ第9期生。日本ショパン協会正会員。

(2017年8月現在)

プログラム

C.ドビュッシー
子どもの領分
グラドゥス・アド・パルナッスム博士
象の子守唄
人形のセレナード
雪が踊っている
小さな羊飼い
ゴリウォーグのケークウォーク
F.リスト
悲しみのゴンドラ 第1稿 S. 200/1
L.V.ベートーヴェン
ソナタ 第31番 作品110 変イ長調
F.リスト
ソナタ ロ短調 S. 178
演奏曲目は予告なく変更させていただく場合がございます。