大東楽器出身者インタビュー「幾田 凪さん」

幾田 凪 プロフィール

3歳の時にヤマハ音楽教室おんがくなかよしコース(大東楽器グリーンビューつるみ)に入り、エレクトーンをグループレッスンにて松下典子先生(大東楽器)に学ぶ。その後大阪桐蔭高等学校を卒業するとともにヤマハ音楽教室を卒業し、現在、東京大学前期教養学部在学中。

interview02-1

勉強や練習はいつ・どれくらいしていますか?

学校にいる時間に集中して勉強。練習は毎晩1時間。

習っていて大変だった事、やめたいと思った事は?

曲がかなり難しくて思うように弾けなかった時。やめたいと思った事はありません。

今習ってる人達に何か伝えるとしたら?

「練習しないといけない」のではなく「練習したくて仕方がない」と 思えるほど音楽を好きになってほしい。好きになるともっと練習したくなるし、それで上達するとさらに好きになります。

将来の目標または夢は?

実業家、大使

尊敬する人は?

ビル・ゲイツ、フランツ・リスト

座右の銘は?

自彊不息

大東楽器で習って良かった事は?

エレクトーンアンサンブル発表会、コンクールやヤマハグレード試験を経験することで人前で演奏する機会に数多く恵まれました。このおかげで普段の生活の中でも、人前での発表の際に緊張せずに堂々と発表できるようになりました。また、グループレッスンで学びクラスメイトと協力するとともに競争しながら演奏技術を磨くことができたのも良かったと思います。

interview02-3

2017年3月大東楽器システム発表会

今の生活について

平日は主に大学で講義を受け学業に励んでいます。休日はクラブやアルバイトであったり、レッスンに参加し、エレクトーンとピアノの練習をしています。