大東楽器出身者インタビュー「山本結衣さん」

山本結衣 プロフィール

松井山手センター(大東楽器)で上嶋佳世子講師担当の幼児科、ジュニア科、ジュニア上級科、アンサンブルクルーズ一年修了。ピアノ併用レッスンを矢島綾子講師、その後レッスン会場を移動しピアノを大東楽器音楽院で中川美穂講師に師事。また、くずはセンター(大東楽器)で森洋子講師担当のヤマハグレード講座を受講。ピアノ演奏グレード、指導グレード5級取得。そして、JOC創作研究コースにて作曲を神本真理講師、佐井孝彰講師に師事。京都市立京都堀川音楽高校を卒業、現在東京藝術大学音楽学部作曲科に在学。

interview06-1

大東楽器で習って良かったこと

作曲に出会えたこと。もともとは演奏しかしていなかったので、グループレッスンのときに先生に勧められて作曲を始められたことは本当に人生で一番大きな出来事だったと思います。

今習っている人たちに伝えたいこと

いろんな曲に挑戦して、その中から好きな曲を見つけられるといいなと思います。好きな曲があると練習も頑張れるし、「こんな曲も楽しそう」といろんな曲を知ることに繋がるんじゃないでしょうか。音楽でもそれ以外でも「好き」を見つけることってすごく大事だと思います。

今の生活について

今は東京で一人暮らしを始めて、まだ環境になれることに必死です。大学では、音楽を志す人達との関わりが増えて毎日たくさんの刺激を受けています。今後も様々なことに挑戦し、活動の幅を広げていけたらなと思います。