目からウロコのピアノ脱力法~筋肉の仕組みから「脱力法」を徹底解明!~3回講座 [講師]馬塲マサヨ

ミューズデュオ

日程 第1回 2月25日(月)
第2回 4月08日(月)
第3回 5月20日(月)
 時間 10:30~12:30
会場 ミューズデュオ サロン
枚方市岡東町18-21(枚方三和ビル6F)
受講料 [会員] 3回通し券6,500円 1回券2,500円
[一般] 3回通し券8,000円 1回券3,000円
※会員は当社のDUOCLUB、PTNA、PSTA、JET会員です。
教材 <使用テキスト>
●目からウロコのピアノ脱力法[本体1,600円(税別)]
<参考テキスト>
●目からウロコのピアノ奏法~オクターブ・連打・トリル・重音も即克服~[本体1,300円(税別)]
●目からウロコのピアノ指導法[本体1,500円(税別)]
お問い合せ
お申し込み
ミューズデュオ
枚方市岡東町18-21(枚方三和ビル6F)
TEL:072-841-5000
E-mail:duo@daito-gakki.co.jp
kouza_20190225

講師:馬塲マサヨ プロフィール

名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。これまでに、NHK交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団等のオーケストラと共演。親しみやすいレクチャーコンサートや、親と子の名曲コンサートなどを全国各地で行う。著書に「目からウロコのピアノ奏法~オクターブ・連打・トリル・重音も即克服~」「目からウロコのピアノ指導法~譜読みが苦手…は克服できる!先生も生徒も楽しいレッスン~」(ヤマハミュージックメディア刊)がある。現在、金城学院大学文学部音楽芸術学科教授。

講座内容

<第1回>脱力とはどうすることか
脱力するためには、無駄な力の存在に気づくことが大切です。そのためには逆に、ピアノ演奏に必要な力は何なのかを明確にすることが必要です。力を抜けば腕の重力で自然に打鍵できるのに、無駄な力を無意識に入れてしまうから、音は響かず腕は痛くなる……、これは辛いですね。だからこそ、脱力が大切なのです。第1回は、肩の力と上腕の力について取り上げ、無駄な力を抜きにくい理由と力の抜き方をお話しします。

<第2回>前腕の痛みを脱力で解消
「ピアノを弾くと腕が痛くなる」と悩む人の中で、最も多く訴えられるのが前腕の痛みです。なぜ前腕に痛みが生じるのでしょうか。実は意外なことに、前腕の痛みの原因は、間違った手首の向きと指の使い方にあるのです。そこで、筋肉の仕組みから前腕が痛む原因を説明し、その上で、前腕が疲れず痛くならない、手首の向きと指の使い方について詳しくお話しいたします。

<第3回>演奏テクニックと脱力法
演奏には、様々なテクニックが必要になります。前回までにお話した「腕が疲れず痛くならない指の使い方」を、複雑な演奏の中でどのように貫ければよいのでしょうか。スケールやスタカート、和音などへの応用の仕方を具体的にお話しします。最後に、脱力法という観点から、子どもへのピアノ指導に関していくつか提言させていただきます。