レッスンで血糖値が下がった!?

アミューズ京橋

写真は、令和元年8月より当センターの、フルートレッスンを始められた金石虎雄様(69歳)と、担当講師の大賀先生。金石様は「優しい先生に巡り合えた。」と、とてもお喜びのご様子。実は金石様は永年高血糖でお悩みだったそうです。これまで食事療法や運動に積極的に取り組んで来られたのですが、殆ど効果が無かったそうです。ところが最近数値が大幅に改善され、今のところ何と...薬が不要の無いレべルまで下がったそうです。数値的には...血糖値が150mg/DL→105mg/DL 、ヘモグロビンA1c値が7.9%→6.5%に改善。(気温に例えると、血糖値が気温で、ヘモグロビンA1c値は月間平均気温のようなもの)ご自身によると、「食事や運動を含めフルートを習い始めた以外に生活は全く変わっていないので、原因はフルートのレッスン以外に考えられない!」と仰ってました。私もこれは凄いなと思いましたが、金石様お1人の個人的なご意見なので、失礼ながらにわかには信じられませんでした。

後日、私自身も高血糖の事を色々調べてみましたが、血糖値は血圧同様、非常に不安定で変動しやすいものみたいで、糖をエネルギーに変えて血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンが鍵を握っているらしいのです。この「インスリンが足りない」、又は「内臓脂肪から来るインスリンを効きづらくする物質」に
よって高血糖~糖尿病は起こるみたいです。この前者の「インスリンが足りない」の方は、ストレス、加齢、遺伝が影響するらしいのですが、これが、『音楽』によって自立神経が整えられ、ホルモン系や免疫系を自律神経である交感神経系と副交感神経のバランスを整えられ、結果的に高血圧や糖尿病、脳梗塞等の生活習慣病の発生を抑える効果が期待出来るのだそうです。改めて『音楽』って凄いと思いました。

金石様、貴重なご意見有難うございました。これからもフルートレッスンと並行して、食事療法や運動もお忘れなく(笑)

staff 前田


フォロー&いいね!お願いします♪