大人のピアニカグループコースの皆さん

寝屋川店

レッスンについて、インタビューをさせて頂きました!

まず、一人ずつレッスンをはじめられたきっかけを教えて頂きました。アコーディオンの音が好きで、見た目がカッコいいなと思いはじめられた方、シンプルに「大人のピアニカ」に興味があってはじめられた方、職場でピアニカを子供たちに教えたいと思いはじめられた方、公共施設等で演奏したいとはじめられた方、まさに十人十色でした。レッスンでは、テキストを使いながら手元の鍵盤を見ずに演奏や練習をしたり、吹くときの息使い調整の仕方が難しいといった苦労もあるようですが、難しいことが出来ると達成感もあるようです。「ピアニカは息使いによって音の表情を変えながら楽しく吹けたり、歌うように吹くことができるのが良い」「音色が豊かで、『大人のピアニカ』というのを身に染みて感じた」と、実際レッスンに通われる中で、それぞれ皆さんが感じたことや思ったことを教えて頂きました。

また、楽器の魅力についてお聞きすると、「音が綺麗で気軽に吹ける」「持ち運びが手軽なので色んな場所で演奏ができる」「子供も大人も関係なく、誰でも気軽に吹くことができる」と、インタビューしている私もはじめてみたくなる程の言葉が返ってきました!

最後に、グループレッスンならではの良いところをお聞きしたところ、「難しい曲に挑戦するときや、自分にとって難しいところがあれば、他の方が助けてくれるので、そこが良い」「一つの同じ曲でも、息使いによる音の出し方で、一人ひとりの持つ音色の表情があり、色々な表現を知ることができる」「ハモることができるし、体に動きをつけながら演奏可能なので、演奏の表現の幅が広がる」との様々な声が。中には、ピアニカの他にエレクトーンも習われている方もおられ、「エレクトーンは多才な楽器なので、一人で演奏できてしまうことが多いのですが、ピアニカレッスンでは、皆と色んな音を出して、綺麗に合わせながらアンサンブル演奏ができるので、そこが楽しい」という声もありました。

大人のピアニカの皆さんの、「ピアニカが楽しい」というのが、インタビュー中終始伝わり、とっても羨ましい限りでした。